Category Archives: state terrorism

illogic of “debris logic” logic

There’s long been a dispute about disposal of tsunami debris in Tohoku, especially about whether regions out of Tohoku should accept the debris. And here comes this very very wise person to put a period on the dispute, denouncing the … Continue reading

Posted in state terrorism | Tagged | Leave a comment

Need true humour, now, truly

Georgia killed Troy Davis.  The killing was so sickening to me, regardless of whether he is innocent or not. It is bad to kill anybody.  And Georgia kills.  Hence Georgia is bad.  Period.  My understanding is as simplistic as this. … Continue reading

Posted in state terrorism | Tagged , , | 1 Comment

Another factual,

… which is too nasty to be a humour. The governor of Tokyo is very well-known by his far too extreme racism, sexism, ageism, and discrimination against handicapped people.  And this time, he insisted that Japan must develop her own … Continue reading

Posted in nationalism, state terrorism | Tagged , | 6 Comments

Slavoj Žižek, first half of 2011

A list of stuff I touched: Good Manners in the Age of WikiLeaks Europe must move beyond mere tolerance Why fear the Arab revolutionary spirit? Egypt: Tariq Ramadan & Slavoj Zizek For Egypt, this is the miracle of Tahrir Square … Continue reading

Posted in philosophy, religion, state terrorism | Tagged | 2 Comments

Troubled to write… 0

Because the time has been tough for quite sometime, especially since the Tohoku disaster, which is still now going on.  I’ve been reluctant to expose my usual stupidity in the situation like this.  And yet as I am such an … Continue reading

Posted in state terrorism | 4 Comments

けいさつ

あらぬところをケガしてしまった。 きったはった(しゅじゅつ)してもらってからもう2しゅうかんほどたった。 けれども、まだ、うごきづらい。 やることがないので、おおきいほんでもよもうか、と、おもった。 が、おもっただけ。 とりあえず、まえにかったちいさいほんをみた グリコ・森永事件 宮崎学、 大谷昭宏 ペーパバック。 なんでもいいから、うれさえすればよい、というところからでている。 そのわりには、おおきいほんやでも、しばらくみかけなかった。 ちかごろ刷り(print)なおしたのかな。 じけんのなりゆきとかには、ほとんどきょうみないのだけど、宮崎さんは、ほんとのことをえんりょなく言ってしまうときがあって、そこがすてきですきである。 この本だと、たとえばこんなくだり: 警察とヤクザは本質的に同じである。 両者の違いは、警察は国家権力を背景としており、ヤクザは民間の暴力装置を背景としている。 それだけである。 Police and Yakuza are essentially the same.  The only difference is that one has state violence and the other has non-state violence as their bases of power. これとおなじかんがえをもっているし、あるときは、けいさつはヤクザのおてつだいだとおもっていたこともある。 だけれど、こういうことをいつもいいつづけるのは、なかなかできない。 はなすあいてのなかまが、けいさつだったときなどは、ことにいいづらい。 マイノリティのおまわりさんも、いるかもしれないし。 まあ、おまわりさんは、せいしきのけいさつかんではないけれども。

Posted in books, state terrorism | Tagged , , , | 5 Comments