Tag Archives: coffee

ぬぬぬ

なんともこのいいようのないむずむず感はなんなんだ。 ものを知らなくてすんませんなんだけど、中煎りより浅めなの深めなの? それはそれとして、どういうわけか足を止めさせるなにかがある。 例えば、ものすごく凡庸、てえのは全く違和感のない言い回しと感じられる。 Tariq Ali の extreme centre も、まあ分かるわけです。 そりゃあそういう文脈のなかの言葉だから当たり前かもしれないが。 極端に中庸、とかだってそういう発話の場面は想像できますわね。 やや中庸、ですらその前になにかがあればいいわけです。 が、いきなり「やや中煎り」とくると、どっちから接近してるのかというあれ

Posted in linguistics, Uncategorized | Tagged | Leave a comment