Impression of Samouraï in poljpn

In short, it’d be a harakiri moment for samurais.  But don’t worry.  They are totally different kind of weirdos:

Japan’s Players Redefine Sportsmanship By Cleaning Up Locker Room After Losing at the World Cup

May look like a good behaviour.  But weirdo is weirdo anyways.

Advertisements
Posted in Uncategorized | Leave a comment

Congrats Jpn, or Fuck samouraï

O your utmost cowardice and unprecedented disingenuity. How beautifully can you show them off…

And you bought a ticket to the next stage with the ‘fair-play points’? I cannot think of any joke more disgusting than this.

Overall, you did very well, did exactly what we expect from people like you. Congrats Jpn.

But remember. That was not a game. That was not a match. That was something furthest from what one calls sports.

And let us recall these guys once called themselves samurai something.  Fuck samurai.

You guys shouldn’t be allowed in any international games any more, let alone fifa ones. You guys shouldn’t be allowed to get jobs that are remotely related to sports.

Posted in Uncategorized | 3 Comments

Slavoj Žižek: 2nd half of 2014

========

Terry Eagleton reviews Trouble in Paradise and Absolute Recoil by Slavoj Žižek | Wednesday 12 November 2014 08.59 GMT | The Guardian

Posted in philosophy | Tagged | Leave a comment

Slavoj Žižek: 1st half of 2014

 

 

Posted in philosophy | Tagged | Leave a comment

Slavoj Žižek: 2nd half of 2013

Chomsky – Žižek ‘Debate’

Posted in philosophy | Tagged | Leave a comment

Slavoj Žižek: 1st half of 2013

 

Posted in philosophy | Tagged | 2 Comments

ぬぬぬ

やや、、、

やや、、、

なんともこのいいようのないむずむず感はなんなんだ。

ものを知らなくてすんませんなんだけど、中煎りより浅めなの深めなの?

それはそれとして、どういうわけか足を止めさせるなにかがある。 例えば、ものすごく凡庸、てえのは全く違和感のない言い回しと感じられる。 Tariq Ali の extreme centre も、まあ分かるわけです。 そりゃあそういう文脈のなかの言葉だから当たり前かもしれないが。 極端に中庸、とかだってそういう発話の場面は想像できますわね。 やや中庸、ですらその前になにかがあればいいわけです。 が、いきなり「やや中煎り」とくると、どっちから接近してるのかというあれ

Posted in linguistics, Uncategorized | Tagged | Leave a comment

Slavoj Žižek: 2nd half of 2012

Posted in philosophy | Tagged | Leave a comment

Slavoj Žižek: 1st half of 2012

English: Painting of Slavoj Žižek by Dirk Kola...

English: Painting of Slavoj Žižek by Dirk Kolassa. Title: Das Richtige im Falschen Deutsch: Slavoj Žižek gemalt von Dirk Kolassa. Titel: Das Richtige im Falschen (Photo credit: Wikipedia)

lll

A modest plea for enlightened catastrophism

Posted in philosophy | Tagged | Leave a comment

「ひ」と「し」

いや、江戸っ子のはなしじゃないです。

「ひいては」と言いたかったであろうときに、「しいては」といってしまうやつ。 はじめて聞いたのはどのくらい前だったか、15年くらいかしら。 まあどう言うのが正しいとかはどうでもよいのですが、なぜか妙に気持ちが悪かったのを覚えています。

「敷衍してみると」てな意味で「ひいては」と言うのは普通と感じるのですが、「しいては」てもともとなんなんだ? 言い間違いじゃなくてそんなふうな言いまわしってのはむかしからあるんだろうか? 聞いたことねえな。 ええ、「いやがってるんだから強いて(まで)はやらせんです」てのはありますが。

で、このほどひさびさに身のまわりで再現されるのを聞いてしまいました。 「しいては」と、、、 やっぱりかなりかなり気持ちが悪かったです。

で、このほどはなぜ気持ち悪いのか、ちょっと思うところがあったのでひとこと。 どうも人を強いることが好きな人の脳みそから、なんかのはずみで「しいる」のオトが滑り出てしまったんじゃないかって説。

相当無理筋くさいが、事例がいずれもぴったりだったんでメモしとく。

Mon Jul 23 02:03:47 JST 2012 改訂

lll

Posted in Uncategorized | Leave a comment